メインイラスト

幼稚園からのお知らせ

  • 職員募集をしています。
    詳しくは、園まで、ご連絡ください。

府中天神町幼稚園東京都府中市天神町1-20-11TEL:042-362-7829

保育理念

府中天神町幼稚園は、創立以来私学の使命感に立って、純真な幼児教育を志向し、建学の精神に基づき、精進努力して今日に至っております。幼児教育の理念をふまえ、幼児の心身の健全な調和的発達を促進し、子どもたちの心に夢と希望をみたし、集団生活の中に正しい生活習慣を体得し、社会性を養い、豊かな人間性の高揚ををはかり、

  • いつも元気で明るい子
  • 人に親切やさしい子
  • 力を合わせて仲良く遊ぶ子
  • よく考えてやりぬく子

を育くむため目標に向かって励んでおります。真の人間形成は、知育、徳育、体育の三つがうまくかみあうことにより、はじめて達成されるものです。将来活躍する子どもたちが、いつまでも明るく、元気で自分の生活に取り組み、困難に耐え、人々を敬い、愛され、人間として、人間らしく慈しみ合えるような、人間形成を期待して、幼児教育に邁進いたしたく考えております。

園の歩み

1947(昭和22年)

秦泉寺 幸先生が、ご主人の深いご理解と近隣の主婦のご協力のもとに、木造平家住宅の借家に保育所的な規模で「子ども園」として発足したのが当園のスタートとなりました。

当時は、物資も少なく人々は戦後の苦渋に明け暮れていた時代です。秦泉寺園長先生は地域社会の子どもの育成のため、私財を投じて施設の増改築、ホールの建設など献身的なご苦労の連続の時期が続いておりました。

翌23年3月には、第1回の卒園児15名が巣立ちましたが、入園児は年々増加の一途をたどり、昭和46年4月に天神町幼稚園として移行するまでに1180名の卒園児を送りだしました。

園創設以来、秦泉寺園長先生の献身的な努力が続きましたが、社会状勢の推移や周囲の状況の変化から、保育園の認可を返上し、あえて創立の理念と本当の子供達の教育を守るため、 一時期、山田良作先生に園長の職務を託されましたが、やがて山田 良作先生が郊外に転出されることになり、再び園長職に戻られ、子供達のためにご奉仕の日々が始まりました。

1971(昭和45年)
現在地に園舎を新設、府中天神町幼稚園として都知事の認可を得、河内 守治園長を迎え、秦泉寺 幸先生より引継ぎ移行したのが現在の幼稚園です。
1975(昭和51年)
河内 守治園長はご老令のため退職され、現在の幼稚園の設置者である中田 匡俊園長先生が園長職を引継ぎました。クラス編成は、当初、4才児、5才児の2年保育として6クラス編成、240名で発足いたしました。
1976(昭和53年)
2クラス増設して、8クラス編成となる。
1981(昭和56年)
3才児保育を開始。
1982(昭和57年)
園児の通園区域も広範囲になり、送迎バスの運行を始める。
1984(昭和59年)
2クラス増設、5才児4クラス・4才児4クラス・3才児2クラスの10クラス編成となる。
1988(昭和63年)
府中市都市計画により幼稚園の土地も大幅にせまくなりました。これにより園舎の諸設備を完備し、近代的施設に生まれ変わりました。
1994(平成6年)
保育室を2部屋増設し、5才児4クラス、4才児4クラス、3才児4クラスの12クラス編成となる。
2010(平成22年)
学校法人中田学園となる。卒園児は4860名になる。
本園庭を芝生にする。
2011(平成23年)
第二園庭を芝生にする。
ページ上へ